性病の症状を把握してリスクを減らす

>

感染経路を把握する

感染リスクの低減と予防策

性病の一番の感染予防策は感染経路を把握し、シャットダウンしてしまうことです。
全て把握することは難しいかもしれませんが一つでも多く知っておくことでより感染リスクを抑えることが出来ます。

また、感染のことばかり気にしていては性交渉もままなりません。
しかし守ることを守って対策を取っていれば絶対とは言い切れませんがほぼ感染を防ぐことは可能ですから我慢しなければいけないということもありません。

手っ取り早い感染予防方法は不特定多数の相手との性交渉は避け、何の症状がなくとも定期的な検査を受けることなどです。
他にも避妊具の存在は不本意な妊娠を避けるだけではありません。
感染予防効果もある程度期待出来ますので常に使用するよう心がけましょう。

直接接触を避ければリスクはほぼゼロ

性交渉の際に口を使用することもあれば当然口内の感染リスクもあります。
別項で紹介した梅毒に関しても同様で感染初期段階には口内にできものが現れます。
他にも幾つかの性病は口内でも発症しますが主な症状としては喉や唇、舌などの痛みやできものが現れたり、身体のだるさや発熱などが挙げられますがやはりこれも特徴的なものが限定されている為、感染しているかどうかの自己判断は非常に困難です。
また、自然治癒は有り得ませんので思い当たる節があればすぐ病院へ行きましょう。

結局のところ直接接触することさえ避けてしまえば感染のリスクは殆どありません。
挿入だろうが口だろうが何らかのクッションを挟むことでそれは実現可能です。
一時の快楽を求めて感染リスクを上げるか多少は我慢して下げるかは貴方次第です。